mclean-chanceの「鯔背でカフェオーレ」

ジャズ以外の音楽について語るブログです。生暖かく見守ってください。

クラシック

鍛え上げられた鉄の如きベートーヴェン!

ベートーヴェン『交響曲第7番』 アルトゥーロ・トスカニーニ/ニューヨーク・フィル リハーサルは怒号の連続だったそうです。 トスカニーニといえば、かつては神のごとく崇拝された指揮者でしたが、私はNBC響の録音のあのデッドな響きがとてもキライで、しか…

往年のヴィルトオーゾが如何に凄かったのか!

ベートーヴェン『ヴァイオリン協奏曲』、 ヤッシャ・ハイフェッツ、 トスカニーニ/NBC響 斬れぬものなど何1つないような響きをたたえる、恐るべきヴァイオリン! ハイフェッツの演奏が素晴らしかったので、1940年のトスカニーニ/NBC響との録音も聴いてみた…

今聴いても驚異的!

ベートーヴェン『ヴァイオリン協奏曲』 ヤッシャ・ハイフェッツ、シャルル・ミュンシュ/ボストン交響楽団 10代の頃にはもう天才と言われていました。 ハイフェッツは、ロマノフ朝の滅亡とともにアメリカに亡命し、活躍した。という、20世紀の音楽家の多くが…

いきなりシベリウスです(笑)。

シベリウス、交響曲第3番パーヴォ・ベルクルント、ヘルシンキ・フィル(EMI) シベリウス。実は20世紀の作曲家でした。 シベリウスは90歳を越える長命な人でしたが(第2次世界大戦後まで存命でした)、交響曲は7曲しか作曲しませんでした。 そのシベリウスの…

怪物だった。

ブラームス『交響曲第3番』 ハンス・クナッパーツブッシュ指揮、ベルリン・フィル 夜の9時を過ぎて、注文して忘れていたCDが届いた。 怪物クナッパーツブッシュ、ベルリン・フィルによる、ブラームス3番。 録音は1944年の9月9日。 すでに幾つか出回ってい…

嫌いだった

清水靖晃&サクソフォネット『Cello Suite』 私は、バッハが嫌いでありました。 暗くて、重苦しくて。 ミュンヒンガーとかが演奏する、いかにもなバッハがたまらなくイヤでしたね。 偉い人として、祭り上げたてまつられているのも、なんとも。 しかし、これ…