読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mclean-chanceの「鯔背でカフェオーレ」

ジャズ以外の音楽について語るブログです。生暖かく見守ってください。

70年代におけるフィル・スペクター・リヴァイヴァルの最高作

Bruce Springsteen『Born to Run』

f:id:mclean_chance:20151103144332j:image

ブルース・スプリングスティーンをアメリカのみならず、世界的な大スターに押し上げた、70年代屈指の名盤。

彼のフォロワーは日本のみならず、それこそ世界中にいるのだと思いますが、やはりオリジナルのもつ強度は唯一無二ですね。

収録されている楽曲は、今でも彼のライヴで演奏されるばかりであり、ブルースのキャリアはコレ一枚で決まってしまったようなモンですね。

ブルースというと、ギターをかき鳴らして、シャウトしまくるロックンローラーのイメージが強いですが、「Backstreets」という、アルバムではかなりシンプルな編成の曲でのヴォーカルとギター、ピアノ、ドラムにタップリとつけられたエコーは、明らかにフィル・スペクターを意識してると思います。

外見上は全然違いますけども、実は、大瀧詠一山下達郎と志向が似ているんですね。

ブルースの代名詞と言ってよいタイトル曲も、よーく聴くと、大瀧詠一LONG VACATION』とサウンドが似てます。

どっちもものすごい「ウォール・オブ・サウンド」ですよね(ギターとかそっくりだと思いますが)。

あのデカイ声のヴォーカルとクラレンス・クレモンスのド熱いテナーのブロウ(その後、どれほどこのサウンドがパクられたことだろう)が盛大にフィーチャーしてるんで(笑)、気がつきにくいですけどね。

実際、ブルースは、ロイ・オービスンのエコーついたヴォーカルが大好きなようです。

個人的に残念なのは、前作で最高にグルーヴィなキーボードを弾いていたデイヴィッド・サンシャスが早くも離脱してしまった事でしょうか。

それにしても、今聴いてもこのアルバムは圧倒的ですね。

f:id:mclean_chance:20151103144347j:image