読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mclean-chanceの「鯔背でカフェオーレ」

ジャズ以外の音楽について語るブログです。生暖かく見守ってください。

食わず嫌いはいけない。

Nick Drake『Five Leaves Left』。


ネクラな音楽は基本的に嫌いである。

若くして不遇のうちに亡くなってしまった。というニック・ドレイクは、聴いてみたいと思わなかった。

夭折のシンガー・ソングライターって暗そうじゃないすか(笑)。

何をキッカケに聴いたのか覚えてないけども(ブラッド・メルダウがレパートリーにしてたからだったかな?)、たしかにこの人の音楽は明るくはないです。

しかし、彼の音楽がもつ独特の仄暗さは、とても魅かれてしまいます。

メンバーが結構すごいよね。ギター、ベイスにリチャード・トンプスン、ダニー・トンプスンが参加(この2人は兄弟じゃないです)。

プロデューサーは、ジョウ・ボイド。

要するに、彼、レコード会社から結構期待されてたんですよ。

しかし、本作がそんなに売れた。という事は聞いた事がないのですが、このデビューを持ってケンブリッジ大学を辞めてるので、そこそこ評価はあったんでしょうね。

今聴くと、「そこそこ」どころの騒ぎではなく、それこそ、ヴァン・モリスン『アストラル・ウィーク』なんかと並べても決して引けをとることのない大傑作なのですが、こういう地味だけども滋味溢れる作品というのは、なかなかバカ売れという事にはなりませんね。

ヴァンのような強烈なヴォーカルではなく、繊細で朴訥とした歌い方は、彼のロンドンの曇天を思わせる曲想とピッタリで、ロバート・カーヴィの素晴らしいアレンジも見事にハマっている。

元々、うつ病気質な人で、アルバムが売れなかった事が、病状を悪化させてしまったのだそうですが、彼がこの後も生き続けて、音楽を発表してくれていれていたら、どんなに素晴らしい曲を書いたことでしょうね。

死後、ジワジワと再評価されていって、今では英国フォークロックの最高のミュージシャンの1人として非常に高い評価を受けるに至っております。

食わず嫌いはいけないと思わせてくれる1枚。

f:id:mclean_chance:20151119222651j:image