読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mclean-chanceの「鯔背でカフェオーレ」

ジャズ以外の音楽について語るブログです。生暖かく見守ってください。

バッハの次がコレです(笑)。

The Drifters『Rockin' & Driftin'』

f:id:mclean_chance:20151223174320j:image

私は基本的にジャズファンなので、このアルバムのデザインが、アトランティックから出ていて、ジャズのジャケットとデザインの基本が同じことに驚きましたね。

ジャズのアルバムを買う層と、ドリフターズ聴いている人たちは、違うと思うので、それに従ってデザインもジャズとR&Bで分けてるのかと思ったら、同じなんですね。

何というか、アトランティックでは、ジャズとR&B岩波文庫の赤本と緑本(海外文学と日本文学ですね)くらいの分け方なんですね。

こういうのって、意外と気づかないものです。

ドリフターズは、結構リード・ヴォーカルからして変わってしまうので(というか、同名の別グループができてしまったりもしてますね)いつの時代かで、まるで変わってしまうのですけども、本作は、ジョニー・ムーアがリード・ヴォーカルの頃のアルバムです。

ここに収録されている作品は、1955〜57年に収録されてますが、発売されたのは、1958年で、もう、ジョニー・ムーアは脱退してます。

当時の黒人音楽は、ジャズを除くと、シングル中心なので(現在も基本はそうです)、ある程度ヒット曲が集まって初めてアルバムになるため、こういうことが起きます。

前置きが長くなりましたが、アトランティックというレーベルは、バックバンドか優秀ですね。

それがアルバムのクオリティをシッカリ保証してます。

私が本作でとりわけ好きな曲は、「Fools Fall in Love」と「Adorable」です。

前者はエルヴィスとのコンビでも有名な作詞作曲チーム、「リーバー&ストーラー」の作曲で、ものすごくポップな曲で、こういうのを書かせたら、天下一品ですね。
ジョニー・ムーアの伸びやかなハイトーン・ヴォイスが素晴らしく、間奏のギターソロがいいですねえ。

この曲は、エルヴィス・プレスリー以下、カヴァーがとにかく多いです。

後者はバック・ラムの曲で、ドリフターズのバージョンが一番有名でR&Bチャートで1位になりましたが、「君に夢中なんだ」を繰り返すドリフターズのコーラスの美しさと言ったら。

バリトン・サックスがとるバッキングが実にカッコいい。

ここまで読んでいただいて、薄々気づいている方もいると思いますが、当時のアメリカのポップスというのは、白人、黒人問わず、曲は共有財産のようなもので、それをいろんな人たちがカヴァーして、ものすごくヒットしたり、さっぱり売れなかったりするものであり、歌い手と楽器演奏も分離していて、完全分業が当たり前なんですね(チャート・ミュージックでは、この分業制は維持されてますよね。日本の歌謡曲もこのシステムで製作してます)。

飛び抜けた天才が出現してシーンを変えるよりも、ポップス・シーンが大切なんですね。

そういうことをものすごく精緻に研究していたのが、大瀧詠一さんです。

コレを覆したのが、あの英国からやってきたマッシュルーム・カットの四人組なのですが、それはまた別の機会に。

そんな大英帝国の侵略前の、幸せな時代の音楽をご堪能ください。