読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mclean-chanceの「鯔背でカフェオーレ」

ジャズ以外の音楽について語るブログです。生暖かく見守ってください。

必聴!

布谷文夫『悲しき夏バテ』

 

数少ない布谷のアルバムの中でも、コレは特筆すべき大傑作。

 

楽曲、編曲、演奏、どれをとっても素晴らしい。

 

アメリカ西海岸のロックと比べても遜色ない。というのは、全くお世辞ではない。

布谷のヴォーカルの凄さは、ちょっと唖然としてしまう。

こんなにブルースを歌わせて説得力がある人は、登場ほとんどいなかったのではないのか。

 

LPのB面にあたる曲での布谷の絞り出すようなヴォーカルは、ゾクッするほど凄絶だ。

 

録音に奥行きがあって、各楽器の音がとてもクリアなのも素晴らしい。

 

大瀧詠一がエンジニアをしていたのでしょうけども、独学でココまで成し遂げてしまうというのは、バケモンですな。。

 

とにかく、あらゆる意味で余りにも破格すぎて、言葉が追っつかないが、詳しい理由はわからないけども、布谷はプツリとアルバムがでなくなってしまう。

 

音楽活動をやめてしまったわけではないのだけども、日本のロックにとって、布谷がアルバムがほとんど遺せなかったというのは、大変な損失であると思う。

 

とにかく、ビックリするほどすごいので、是非とも聴いてみて下さい。

 

f:id:mclean_chance:20161017012535j:image