mclean-chanceの「鯔背でカフェオーレ」

ジャズ以外の音楽について語るブログです。生暖かく見守ってください。

コレでようやくマトモなステレオ盤になりました。

The Beatles『Help!』

 

今更ながら、ビートルズの歴史とかを云々するつもりは毛頭ありませんし、そう言う事には全く疎いです。

ビートルズは、アルバムを聴く。という付き合い方しかしてませんね。

というか、ほとんどのミュージシャンに、私はそうやって接してますね。

2009年にジョージ・マーティンビートルズの全アルバムのリマスターを見直して、新しいデジタルリマスター版を出した時は、本当に良かったです。

というのも、最初のCDは全体的に音に立体感に欠けていて、なんだか薄っぺらい音なんですよね。

まあ、昔のロックだからこんなもんなのかな。と思い込んでましたけども、このリマスター版は、音の立体感がグッと出てきて、音がとても力強くなりました。

ステレオ版のビートルズはレコードでは大変批判があったようですけども(左右に振り分けただけみたいな無茶な作りでした・笑)、このリマスター版でようやく一応のスタンダードができたのではないでしょうか。

さて、本作を聴いてハッキリわかるのは、もう、勢いでだけでアルバム作りたくなくなって来ているという事でしょうね。

これまでは、レノンとジョージがギター、ポールがベイス、リンゴがドラムという担当は基本変えず、コレに時折ジョージ・マーティンのピアノが入ったりという、とてもシンプルな編成で演奏していました。

しかし、本作は明らかに楽器が増えています。

しかも、楽器をかけもちし始めて、いろいろと音楽をいじりたくなってきています。

それが劇的な効果を示すほどではまだないんですけども、スタジオでジックリと時間をかけてアルバムを制作したい欲求が生まれ始めているんですけども、まだ、この頃はそんなに時間が与えられていなかったんですね。

アルバムの制作ペースが今と比べるとものすごく早いんですよね。

まだ、音楽産業が出来上がってない事が原因なのでしょう、彼らですら自転車操業なんですね。

ライヴをやって稼がないといけなかったんでしょう。

そういうかなりキツい状況で作っている割には、相変わらず名曲、名演を繰り出すのが、このバンドの底力を見るわけですけども、そういう制作のあり方に、具体的な行動で示しているのが、さすがという他ありませんね。

私は、ビートルズはむしろ若い人たちに聴いてもらいたいと思ってますので、背伸びをしてモノラルのアナログ盤買わずに、現在流通しているCDを聴く事をまずはオススメいたします。

それからでもモノBox(CDはかなり安く入手できますが)、アナログ盤を買っても全く遅くないです。

モノラルのLPは、ホントに高いですよ(笑)。

裕福な方はご自由に(笑)。

 

f:id:mclean_chance:20170702233307j:image