読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mclean-chanceの「鯔背でカフェオーレ」

ジャズ以外の音楽について語るブログです。生暖かく見守ってください。

ロックってこれだよ!

Predenders"Pretenders"

 
 
なんてカッコイイんだ!
 
これがデビュー作ってすごいですよ。
 
この後、二枚目のアルバムを出した頃にベイスとギターが相次いで亡くなってしまい、バンドはかなり大変だったらしいですが、今でも現役で活動してるのは、すごいよね。
 
私は、正直、あんまりパンクにはひかれないのですが、これはエルヴィス・コステロのデビュー作とともに愛すべきアルバムですね。
 
LPのA面とB面がかなり作風が違っていて、その辺がCDで流しっぱなしで聴くと、よくわかんなくなるのが残念ですが(こういう点にCDは最後まで無頓着でしたね。間に4秒くらいインターバル入れるとか、そういう工夫があってもよかったと思うんだよね)、A面の変拍子を多用したパンクな曲も好きですが、私はB面の優しさがココロに沁みました。
 
「ブライヴェイト・ライフ」は、グレイス・ジョウンズによるカヴァーもとても素晴らしい名曲です。
 
クリッシー・ハインドのヴォーカルがパンクっぽく、ちょっと捨て鉢なんだけども、どこか優しいというか。
 
とにかく、聴いてみてくださいね。
 
f:id:mclean_chance:20150921120932j:image