読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mclean-chanceの「鯔背でカフェオーレ」

ジャズ以外の音楽について語るブログです。生暖かく見守ってください。

イエスの最期を大河ドラマとして描いた傑作録音

J.S.バッハマタイ受難曲


古楽器好きな人だったら、ひっくり返るかもわかりませんが、コレが、私が初めて購入したバッハのCDなんですよね(笑)。


大学1年の頃でしたが、当時、日本盤が7500円しました。

1939年4月2日のオランダ、アムステルダムでの演奏(ナチスドイツがポーランドに侵攻した年ですよ)。というとんでもなく古い録音を買ったのも初めてでいろんな意味で初めてづくしでした。

メンゲルベルクとコンセルトヘボウを聴くのも初めてでしたね。

初めてづくしの本作ですが、今の水準で聴くと、びっくり仰天ものです(笑)。

今の演奏ではやってはいけないことのオンパレードで、「こんなにやってもいいんだろうか?」とすら思いますが、全てはメンゲルベルクが音楽上の必要からやった事であり、当時の学説に従いつつ、自らの表現にしているんですね。

バッハの楽譜にあるフェルマータ記号は、息継ぎの意味で使われていたことがわかっているのですが、メンゲルベルクは、全部、フェルマータとして音を伸ばしています(カール・リヒター以降は、息継ぎとして演奏してます)。

全体のテンポは恐ろしく遅く、常に細かくリタルダントが入って、演奏が揺れており、ものすごく微に入り細に入り、メンゲルベルクの出が加わっていて、もはや、完全にメンゲルベルクの音楽に作り変わっています。

チェンバロやピアノといった、指定されてない楽器は入ってますし、現代楽器で大編成のオーケストラで、ソリストは、時にやりすぎなくらいに声をずり上げたり張りあげりして芝居がかっており、さすがに時代遅れですね(くどいアリアは飛ばして聴きます)。

しかも、第2部に大胆なカットを加えていますね。

メンゲルベルクのカットは私は1つの見識として、やってもいいと思ってます。

私には全部聴き通すにはこれくらいでいいと思ってますけどね。

マタイはめちゃくちゃ長いんで、忙しい生活している現代人に全曲聴けというのは、酷でしょう。

メンゲルベルクのテンポで全曲やったら、オケも歌手も観客も持たないですね、多分(笑)。

しかし、一音たりともないがしろにせず、すべてを自分のコントロール下に置いてしまうメンゲルベルクの在り方は、唖然とせざるを得ませんね。

オケが丸ごとポルタメントし、リタルダントしていくんですよ。

そうかと思うと一丸となって爆発するような雄叫びを上げたり。

こんなオーケストレーションは、今では全く聴けないスタイルなのですが、オケも合唱もソリストも、全身でイエスの最期という悲劇を極限までドラマティックに歌い上げるのを聴くと、他の演奏が生温くて聴けなくなってしまうんですね。

イエスだけワザと力を抜いた歌い方にして、彼の存在を際立たせ、福音史家は、思い切り感情を込めることで、強いコントラストを聴き手に与える演出が取られてますね。

バッハは古楽器演奏の方が、好みですが、この『マタイ受難曲』だけは、どうしてもこの演奏でなくてはならないのです。

この強烈な演奏を超えるものにはなかなかお目にかかれそうもないです。

古楽器好きな方が何を言おうと、私はコレを推します。

この曲は合唱が分厚い方がやっぱり感動的なんじゃないかなあと、思うんですよね。

古楽器編成だと透明な美しさは出せますが、イエスを群衆が避難するような劇的な場面がいかんせん迫力不足になってしまうのは否めないです。

そう言うところの迫力は、メンゲルベルクは桁外れです。

私の望みは、メンゲルベルクの時代がかったところが修正され、メンゲルベルクと同じカットをした現代楽器で大編成の『マタイ受難曲』(ピアノ、チェンバロも当然入れます)を聴くことなのですが、そう言う無謀な挑戦をしてくれる人たちはいないかしら(笑)?

キリスト教徒でない私には、どうしても『マタイ受難曲』が濃厚な人間ドラマに見えちゃうんですね。

個人的には、第47曲アリア「憐れみたまえ」のヴァイオリンソロのすすり泣くようなポルタメントと、アルトの絶唱に呆然としてしまう(なんと、観客のすすり泣きが聞こえます)。

ちなみに、朗報としまして、本作はタワーレコードの企画ものとして、大幅に音質が向上したCDが発売されておりまして、しかも、2500円ほどで買えてしまいます。

元々、これ、フィリップスから出ていたのですが、フィリップスがデッカに吸収されたので、デッカ名義になってますが、すごい違和感がありますね(笑)。


f:id:mclean_chance:20151128205536j:image