mclean-chanceの「鯔背でカフェオーレ」

ジャズ以外の音楽について語るブログです。生暖かく見守ってください。

ファンクミュージックの挽歌。

WAR『Why Can’t We be Friends』

 

f:id:mclean_chance:20191006163619j:image

当時のウォーのメンバー。

 


1970年代はファンクミュージックの黄金期であり、前回紹介したEWFもファンクの要素が色濃い大編成バンドでしたが、ウォーもこの時代を代表するバンドで、アースほどではないにしても大編成のファンクバンドでした。


もともとは、もともとアニマルズのヴォーカルであったエリック・バードンを中心に結成されたのですが、バードンから離脱し、特定のヴォーカルを立てないスタイルを確立します。


このバンドの特徴は、ファンクバンドでありながら、ラテン音楽の要素が色濃く、メンバーのほとんどがパカシュン奏者でもあることと、ハーモニカ奏者のオスカー・リーがいたことです。


オスカー・リーは、デンマークコペンハーゲン出身なのですが、そのファンキーでソウルフルな演奏だけ聴くと、とてもデンマーク人とは思えないですね。

 

本作でのリーのハーモニカは、ファンキーな側面は影を潜め、非常にメロウですね。


コレはアルバム全体にも言えるのですが、名作『世界はゲットーだ』のようなファンキーさよりも、ビターさ、重苦しさが強調されていて、長い長いヴェトナム戦争がようやく講和条約によって集結し、アメリカは膨大な人員と軍事費を投入しつつも、北ヴェトナムによる国家統一を阻むことができなかった、なんとも言えない虚しさが漂う頃をそのま反映したような作品です。


しかし、その重苦しさを救っているのが、ウォーが持っているラテン音楽の要素でしょうね。


また、スローナンバーにおけるリー・オスカーのしみじみとした味わいをもつハーモニカの素晴らしさでしょう。


タイトル曲「どうして私たちは友だちになれないのか?」は、分断の深まる現在こそ、ますます重要性が増しているのではないでしょうか。


「ロー・ライダー」はそんな中でホッとひと息つける名曲です。

 

f:id:mclean_chance:20191006164004j:image

初期のEWFのライヴの凄さを記録したアルバム!

Earth,Wind & Fire『Gratitude』(Columbia)

 

f:id:mclean_chance:20191002010749j:image

ライヴではこれよりも更に多くなるEWF。

 

 

前作の大ヒットを受けて、コロンビアから「早く新作を!」と急かされたのですが、レコ発ツアーで忙しく、制作にかける時間がなかったため、ライヴにスタジオ録音をくっつけるという変則的な形で発表されたアルバム。


裏事情はともかく、絶好調のEWFのライヴであるわけですから、悪いはずなどありません。


観客の声が入ってますが、当時からEWFの観客数はものすごいですなあ。


ディスコサウンド化してからが一般的な認知度は高いと思いますけども、もうすでにとてつもなかった事がわかります。


それにしても、スタジオ録音の素晴らしさは今更いうまでもないですけども、ライヴでの演奏能力の高さは相当なもので、そのすごさがちゃんとアルバムの中にもしっかりと入っているのがこのアルバム聴いてるとよくわかりますねえ。


素晴らしいバックコーラスやホーンセクションの演奏能力の高さ、モーリス・ワイトとフィリップ・ベイリーのツインヴォーカルこの魅力などなど、この大編成バンドのウリはたくさんありますけども、私はこのライヴを聴いて、決して派手な事はしていないのに、ものすごく耳に残る、ヴァーダイン・ワイトのベイスが良かったです。


LPで言うところのD面がスタジオ録音なのですけども、これがまたよくて、特に、「Can’t Hide Love」は彼らの代表曲の1つと言ってよい名曲だと思います。


まずは、前作『That’s The Way of The World』をよく聴いてから本作を聴くとなお良いでしょう。


私個人はディスコサウンド化する前よりも、この頃のEWFが好ましいです(超名曲「September」は別です!)。

 

f:id:mclean_chance:20191002010936j:image

こちらが前作。『暗黒への挑戦』という謎の邦題がついていました。

 

f:id:mclean_chance:20191002011025j:image

ここで一区切りをつけ、ポップ化を行い、空前の大ヒットを連発していきます。「September」は彼らの最高傑作の一つ。

 

現在のブラックネスに多大な影響を与える傑作。

Roberta Frack『Killing Me Softly』(Atlantic)

 

 

f:id:mclean_chance:20190824235835p:image


彼女とドニー・ハサウェイの登場は、黒人音楽がホントに変わってきたんだなあ。と思わせるものがありました。

 


この2人は、ともにワシントンDCにある名門、ハワード大学を卒業しており、コレまでの黒人ミュージシャンとは明らかに音楽的な志向が変わってきていると思います。

 


オーティス・レディングウィルソン・ピケットのような60年代を代表するソウルミュージシャンの持つ、コッテリ感、粘り感が明らかに薄いですね。

 


でも、完全になくなっているわけではない。

 


また、キャロル・キングボブ・ディランと言った、ロックなどの曲も巧みにカヴァーし、アレンジも見事です。

 


ドニーは、もともと、カーティス・メイフィールドに才能を買われて、アレンジャーとして活躍しているくらいですから、楽理にものすごく明るい人ですね。

 

f:id:mclean_chance:20190824235843j:image

ドニー・ハサウェイ。その夭折を惜しむ声は多い。娘のララァもミュージシャンとして高い評価を受けてます。

 

 

ロバータもまたハワード大学で音楽を専攻していましたので、これまでの現場で叩き上げてきたような黒人ミュージシャンとは、一線を画します。

 


本作は各曲に、ドン・セベスキーやエウミール・デオダートなどという、ものすごく豪華なアレンジャーがついていますけども、全体のアレンジはロバータ自身で行われています。

 


作曲はすべて他の人が行ってます。

 


タイトル曲はもはや説明不要の大名曲ですけども、フージーズの1996年アルバム『The Score』での素晴らしいカヴァーも必聴です。

 


ジャニス・イアンレナード・コーエン、ラルフ・マクドナルドという、いわゆる「黒っぽい」曲を書くような人が全然いないのも面白く、彼女の音楽はもはや、単純に白人/黒人という二項対立ではもはや捉えられなくなっているところが、新しいと感じさせる1番のところですね。

 


こういう非常に洗練させながらも力強さを失わない彼女のサウンドは、ネオソウルや2010年代のジャズが追求するブラックネスに非常に大きな影響を与えたと思います。

 


アルバムには、アレンジャー以外のパーソネルが書いていませんが、エリック・ゲイル(ギター)、ロン・カーター(ベイス)、グラディ・テイト(ドラムス)、ラルフ・マクドナルド(パカシュン)が参加していた事が判明してますが、コレはドン・セベスキーがアレンジャーと仕事をしているCTI人脈であると思われます。

 


ロバータは、ヴォーカルとピアノ、エレピ、アレンジです。

 


それしても、どこにでも顔を出すロン・カーター(笑)。

 


プロデューサーは、ローランド・カークのアルバムでプロデューサーをしている事で有名なジョエル・ドーン。

 


本作が「ローランド・カークに捧ぐ」となっているのは、上記の理由によるものでしょう。

 


カークはアトランティックでアルバムを出していた事がありますね。

 

 

f:id:mclean_chance:20190825000248j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストコフスキー晩年の脅威の名演!

リムスキー=コルサコフシェエラザード

オポルト・ストコフスキ指揮、
ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団

 

 

 

f:id:mclean_chance:20190815190842j:image

早くから指揮棒を持たないで指揮をする人でして、その華麗な動きは晩年まで衰えませんでした。

 

アメリカで絶大な人気を誇ったストコフスキが晩年に再びステレオ録音で、得意のレパートリーである『シェエラザード』を再び録音しました。

 


コレの前の録音は、デッカの録音で、1964年にステレオで行われていて、コレがストコフスキらしいカラフルで見事な名演であり、普通はコレを持ってスタジオ録音はやめても何の問題もないと思います。

 

f:id:mclean_chance:20190815190956j:image

デッカ盤のジャケット。


しかし、永遠の挑戦者であったストコフスキは、90歳を優に超えた1975年に再びこの曲を録音したんですね。

 


90歳を超えて指揮する方が最近は増えてきましたが、当時はカザルスくらいしかそんな人はいなかったですから、コレは驚異的な事です。

 


デッカでの契約で、彼の膨大なレパートリーの中から(ヘタすると、カラヤンよりもレパートリー広かったかも知れませんね)、彼が得意とするところの曲をストコフスキ自身が選択して録音し終わって、RCAと契約しての録音が本録音なのですが、驚く事にデッカの録音と全然違うアプローチなんですよね。

 


この曲は4楽章に分かれているんですが、ストコフスキは、全く切れ目なく連続して演奏しています。

 


もしかすると、一発録りしているのではなく、編集でそうしているのかもしれませんけども、少なくとも、ストコフスキーには、切れ目なく演奏する意図は間違いなくあったと思います。

 


普通、この曲はそうやって演奏せず、楽章ごとに合間を取って演奏します。

 


この前のデッカでの録音でもそのように演奏しているんですけども、この録音は変わってますね。

 


ストコフスキという人は、演奏をカットしたり、編曲を加えたり、果は、オーバータビングという、クラシックではほとんど禁じ手みたいな事すら平然とやる人でして、それがコアなクラシックファンには不評でした。

 


また、『ファンタジア』に出演していたという事とは関係なく、ものすごくカラフルで楽しいオーケストレーションは、クラシックをシリアスになものとしてとらえがちな日本人には、どうにも我慢ならないものがあったのではないかと思います。

 


当の本人は結構真面目に録音というものを考えていて、その試行錯誤だったんだと思うのですが、いかんせん、楽しいんですよ、彼の芸風は。

 


それのピークみたいなのが、チャイコフスキー交響曲第5番のステレオ録音でして、チャイコフスキーの美メロ感覚をとことんまで拡大した、もう極彩色と言って良い名演です。

 


デッカでの『シェエラザード』も、オケ全体をホントに船のようにユラユラと巧みに揺らして演奏させる中で、ヴァイオリンのソロが歌いまくるという、この上なく視覚に訴えてくる演奏で、『千夜一夜物語』の一場面を曲にしている事を、あたかも、映画のサントラ以上に劇的に演奏する見事な演奏です。

 


それをこの演奏では、もう少し全体的なトーンは穏やかで、色調がパステルカラーに抑えられています。

 


が、ここぞというところでは猛烈にアッチェレランドがかかってきて、とてもドラマティックなんですけども、少しも不自然さがないんです。

 


コンサートでも何度も取り上げられた曲でしょうから、もう完全に自分のものになっている事がわかります。

 


そしてヴァイオリンソロがモノを言う曲ですけども、ココは、テンポを落としてジックリと聴かせますね。

 


そこでしばしば楽譜の支持を無視したオーケストレーションのバランスの改変が見られ、他の演奏では聴こえてこない音の強調などが非常に細かく出てきて、とにかく驚いてしまいます。

 


アンサンブルで敢えて金管を強調したり、する事は、今でも行われますが、ストコフスキーのやり方は、ほとんど現在で言うところのリミックスと言っても良いほどで、それを90歳を過ぎた老大家が行なっている事に真底驚いてしまいます。

 


この、老成する事を一切拒否し、更に挑戦していく姿勢は、ストコフスキーに否定的な方でも、認めざるを得ないものがあると思います。

 


とにかく、驚天動地の名演ですので、デッカ盤と合わせて聴く事をオススメします。

 

f:id:mclean_chance:20190816152836j:image

 

改めて聴いてみると、やっぱりすごいアルバムであった。

Queen『A Night at The Opera

 

f:id:mclean_chance:20190622201112j:image

説明不要のモンスターバンド。知らない方はウィキペディアなどで。

 


クイーンは、私の中ではヒットメイカーであって、あんまりアルバムとして欲しいな。という気にさせないバンドでした。

 


なので、グレーテスト・ヒッツしか持っていなくて、実際、そこには名曲がてんこ盛りなので、もう満足だったわけです。

 


しかし、急遽入院という状況に追い込まれ、べらぼうにヒマになってしまった事を機に、改めてクイーンのアルバムを最初から順番通りに聴いてみようと。

 


公式のyoutubeでの全曲公開があるので、コレは楽と言わんばかりにデビュー作から4枚目の本作まで一気に聴いてみました。

 


驚くのは、1枚ごとにこのバンドの演奏や作曲の能力が一挙に伸びている事なんですね。

 


とくに2,3,4枚目の成長はものすごい。

 


本作は最初の3枚で培ったものを全て投入した、いわば、初期クイーンの集大成であり、私は彼らの最高傑作だと思います。

 


もう、A面の1曲目からしてもう全盛期気合いが違っていて、ホントに驚くのですが、超ベタ曲「You’re My Friend」がアルバムで聴くと、ここまでのクイーンの魅力をものすごくコンパクトに見せている名曲である事が改めてわかりました。

 

https://youtu.be/kqVpk0qxmfA


ブライアン・メイのホンの短いギターソロがにくい。

 

https://youtu.be/HaZpZQG2z10


そして、B面の大トリが彼らの畢生の大作「Bohemian Rhapsody 」なわけですが、シングル曲をこんな位置にしてしまう、このバンドの当時の自信はものすごいものがありますね。

 


ライヴで再現不可能なまでに作り込んだ、彼らの到達点で、もうこういう事はやってないのもわかります。

 


捨て曲がほとんど見当たらない、コレはアルバムとして聴く価値が十分あります。

 


まあ、べらぼうに売れているアルバムですから、今更私が言うほどの事ではないんですが。

 


映画『ボヘミアン・ラプソディ』でも、このアルバム制作ほ課程をものすごく強調して描いていましたから、バンドにとっても忘れられない作品なのだと思います。

 


私は、ココがクイーンのピークと見ました。

 

https://youtu.be/fJ9rUzIMcZQ

 

f:id:mclean_chance:20190622201244j:image

ヒットメイカーである彼らが、敢えて1つの作品として完成させようとした作品。最高傑作にして異色作。

 


 

もっと多様な観点で評価したいですね。

Thin Lizzy『Black Rose』

 

f:id:mclean_chance:20190121001616j:image

在りし日のThin Lizzy

 


スィン・リズィがHeavy Rock/Heavy Metalのコーナーにいつも置かれているのが、どうしても昔から納得できない。

 


だいたい、メタルにあるようなハイテクのギターソロがあんまりないバンドだし、本作でも、ライノットの12弦アクースティク・ギターが美しい「Sarah」のような曲が普通に入っていて、しかも、そもそも、ライノットの歌唱法はおよそメタルとはかなり遠いし、影響与えているとは思えないんですよね。


ツインリードギターは、明らかにホーンセクションとしての役割を果たしている事がとても多く、フィドルから発展していったであろう、ギュンギュンとしたギターソロが求められていないというのは(本作はギャリー・ムーアが加入しているので、短いけども、彼のソロが炸裂している曲もありますが)、多分、メタルをやっている意識は当人たちにはほとんどなかったんじゃなかろうか。


売れてない頃のヒューイ・ルイスをライヴのゲストに招いてブルースハープを吹かせるとか、およそメタルとは思えないですよね。

 

本作も入魂のタイトル曲を除いては短くてキャッチーなものが多く、感じるのは、ライノットのアメリカ50年代のロックンロールやR&B、ポップスへのストレートな愛であり、それと彼のルーツの1つである(ライノットのルーツはとても複雑です)、アイルランド音楽との融合を目指していたのが、このバンドの本質なのでしょうね。

 

f:id:mclean_chance:20190121002007j:image

Gary Moore(左)とPhil Lynott(右)。

 

そういう意味では、ポーグスとかと近い気もしますし、U2の先駆的存在といったほうが的確な気がします。

前作の『Live and Dangerous 』起用したトニー・ヴィスコンティが初めてスタジオ録音でもプロデュースを担当しておりますが、本作を彼らの最高傑作に高めたのは、明らかに彼によるところが大きいのではないでしょうか。

写真見るとメタル感満点なのは、否めませんが(笑)、むしろ、クイーンとか『Young Americans』の頃のデイヴィッド・ボウイとかと比較しながら聴くととても興味深い作品ではないのかと思います。

 

f:id:mclean_chance:20190121002217j:image

未だに攻め続けるという事実に驚いてしまいます。

Paul Simon『In The Blue Light』

 

f:id:mclean_chance:20181006003039j:image

最近のポール・サイモン

 


Simon & Garfunkelのファンでもありませんし、ソロとなった2人にもさして興味はないのですが(流石に、『Graceland』は聴きましたが、そんなにいいとは思わなかったです)、このアルバムはいいですよ。

 

ヴァン・モリソンが、自分のそんなに有名ではない曲を、それぞれゲストを呼んでデュエットで再演するというアルバムを数年前出しましたが、本作もあまり有名ではない曲のアレンジをかなり変え、歌詞も変えたりして(なんと、Jay-Zが出てきますよ)、再演してるんです。

 

先ほど書いたように、私はファンではないので、どれが有名曲なのか知られてない曲なのかはわからないので、すべて新曲として聴いている。という点はご容赦いただきたいんですが、超大ヒット作『Graceland』くらいしかマトモに聴いてない程度で恐縮ですが、これまでの彼の作風からはあんまり想像できないようなアレンジの連発なのが、まことに驚きで、もうライヴ活動はやめる。と最近、ラストツアーをやっているくらいの年齢なのですけども、一見、再演集という後ろ向きな企画に見えて、実は、大ベテランとは思えない攻めの姿勢を感じますね。

 

参加ミュージシャンに、Bill Frisell 、John Patitucci、Jack DeJohnette、Steve Dadd、Wynton Marsalis、Joe Lovanoという、ジャズ畑の人々が多く起用されていて(わたしが興味持ったのは、このメンツからです)、コレがズバリ大当たりなのですね。


フリゼールがとりわけサウンドに貢献していて(まあ、そういうミュージシャンですし、だから起用されているんですが)、全く衰えを見せないポール・サイモンのヴォーカルとよく合うんですよ。


フリゼールが活躍しているということは、全体がアメリカーナしているわけですが、リズムがよく聴くとかなりアグレッシブだったりするところが油断なりません。


もしかすると、最近のジャズをPaul Simonはよく聴いていて、「よし、こういうサウンドを取り入れてやってみよう!」と思ったのかもしれません。

 

それにしても、まだ新しい事に挑戦して、しかも、素晴らしい作品を作ってしまうというところは、本当に脱帽です。


本年聴いたアルバムでも、本作はベスト3に入れてもよいと思いました。

 

f:id:mclean_chance:20181006003156j:image